悪阻(つわり)は女性だけにしか分からない

夫や周りの協力

苦手なものや苦手なにおいをひたすら回避しました、エビオス錠がいいと聞いたらすぐ購入して飲みました(あんまり効果は感じられませんでしたが)あとはつわりの出る時間になるまえはなるべく食べない、外出しない、トイレの近くにいる。あとは便秘の解消も心がけまして、食べたものがなるべく早く消化されるといいなという気持ちで過ごしてました。正直コレがきくコレがいいというものはなくて、夫や周りの協力でなるべくおとなしくしているのが一番苦しくないかなと思います。

ずっと寝てました

眠り悪阻があったのでとりあえずずっと寝てました。 食べ物もあまり受け付けず、食べられる物をさがしたどり着いたのが フライドポテト、ハッシュドポテト、たまご豆腐、スッキリレモン系の飲み物 でした。 夫には申し訳ないけど料理はお休みさせてもらい常に寝ていた気がします。 夫が食事の時は別の部屋に避難しにおい対策。 気分が悪くなれば我慢せずに吐く。吐くものがなくてもトイレに駆け込んでました。 アイスノンをしたら少しはマシになった時もありました。

シャンプーは無香料の物を

アロマ、香水、柔軟剤、シャンプーの匂いでも気分が悪くなってしまうので、アロマや香水は使わず柔軟剤やシャンプーは無香料の物を使用しました。 食べ物は料理を作る時は鼻に洗濯ばさみをつけて、なるべく匂いを嗅がないようにして作りました。 自分が食べれるのはあまり匂いのきつくないスープ、果物類だったので、食べれる物を無理せず食べるようにしました。 カレーやシチューは駄目でしたが素麺、うどん、野菜スープ等は大丈夫だったのです。 悪阻が酷い時はなるべく横になり安静にして、どうしても動けない時は家族の助けを借りました。

ここまでとは思ってもみませんでした

妊娠する前から悪阻がひどい人は本当にキツイという事はなんとなく知っていましたがまさかここまでとは思ってもみませんでした。 食べる事が基本大好きだったはずなのに、偏食気味になりました。 好きだったはずの食べ物なのに気持ち悪くて食べられないなんて事は日常茶飯事で、電車に乗れば、一駅ごとに降りたりするときもありました。 買い物に行くときも一苦労でした。 特に惣菜コーナーは色々な匂いが混ざり合っていて本当にきつかったです。 とはいえそんな体調なのですべてのご飯を手作りというわけにもいかず惣菜に頼らないといけません。 我慢して惣菜コーナーに行くのはとてもしんどかったです。

無理して食べなくても良いと思います

つわりの時はまだお腹のふくらみもない初期の頃だったので、旦那さんも理解に苦しいようで、 まだ結婚をしたばかりだったので、最初は悪阻があるのにご飯を作るのも気合で無理して作ってい ましたが、そのうちニオイなんかに反応するようになり、仕事帰りは気分が悪く毎日のように寝込んでしまい、主婦業はまともにできなかったです。その時期は食べたいものだけ、食べられるものだけを食べていました。小食でもその時期はその方法で乗り切ればよい、と本に書いてあったので、無理して食べなくても良いと思います。

特定のにおいを嗅いだだけでも

私は妊娠中悪阻が酷かった方で、食べた時だけでなく、特定のにおいを嗅いだだけでも吐き気をもよおしていました。おかげで妊娠3か月検診の時に体重が減ってしまっていて、産婦人科の先生に、「食べられるときに食べられるものを少しづつ食べるようにしなさい」と言われたので、こまめに間食をするようにしました。歯磨き粉のにおいが気になったため、においがほとんどないものに変えたり、他人の香水のにおいなども気になったため、外出するときはマスクをしてなるべくにおいを強く感じないようにしていました。

頭はグラグラし

食事を全く摂ることができなかったので、頭はグラグラし、体重の減少と脱水症状を起こしていました。何も食べたく無い状況でしたが、吐いてしまうと、すっきりしました。水などのしげきのない水分をコップ1~2杯むりやり飲みました。次に、歯ブラシで歯をみがきました。この時、歯ブラシをのどにむける感じで動かしました。のどの奥がひらいて、吐き気をもよおしやすくなりました。 吐いた後は、体質にあった飲み物を飲みました。私の場合一人目の子の時は、ポカリスウェット。二人目の子の時は、午後の紅茶でした。なるべくたくさん飲んで、体調をもどしていきました。

匂いに敏感になり、

長女を妊娠した2か月目位の時の事です。 突然の吐き気と嘔吐で、たまたま夫が居たので介抱くれました。日曜日でしたが、診察をして下さる医師が見つかり、妊娠している事がわかったのです。 匂いに敏感になり、食事を作るのが嫌になりました。嘔吐が続き食欲も無くなり、好物の食べ物も食べられなくなりました。 対策としては、無理に食べたりせずに水分を十分に摂取する様に心掛けました。体もだるかったので、横になっている事が多かったです。とにかくストレスを溜めない様にして、自由な生活を送っていました。

サッパリとしたトマトとシラスがけ御飯ばかり

1人目を妊娠した時はつわりは軽くてなんか気持ち悪いなぐらいにしか思わなかったのですが、2人目の時は辛かったです。朝ゴミを出しに行って戻ってきたら気持ち悪くてトイレに直行。御飯の支度していてもトイレに直行。何をしてても気持ち悪くて仕方なかったです。こんな調子ですから何も食べたくなくて…でも食べなきゃいけないのでサッパリとしたトマトとシラスがけ御飯ばかり食べてました。というか、それしか体が受け付けなくて。 つわりの時期は大人しくなるべく動かず気持ち悪いながら最低限の事をして上の子と毎日過ごしていました。

自分のペースで自分に合った過ごし方

悪阻がはじまってから5か月くらいまでは毎日吐いていました。 ちょうど夏だったのでそうめんなどあっさりしたものを食べたりしていました。 白いご飯は受け付けなくみるだけでも吐き気がしました。 ご飯を食べるのが怖くなったのでご飯は自分の茶碗を出さずに悪阻中はたべなかったです。 悪阻で一番苦しかったのは初期の方でした。 ただ寝るという行為で乗り越えていたと思います。 果てしなく遠くいつ終わるのだろうと毎日思いながら気分が悪くなると睡眠をとっていました。 気分が悪くなったら寝るのが一番だと思います。 食べ物に関しては、自分に合ったものだけを食べるのがおすすめです。 冷たいものが気持ちよかったのでかき氷を食べていることも多かったです。 病気じゃないからという方もいますが周りの言う人のことはあまり気にせずに自分のペースで自分に合った過ごし方をすることです。

食べたいと思えるものを口にしました

もともと食べることが大好きなのに、妊娠初期はつわりがひどく、食べられずに悲しくなりました。 それでも家族の食事の支度をするので、私の食べる物は別に考え、毎日食べられるものを探す旅と言っては、買い物に出かけました。 ゼリーや炭酸など、口当たりのいいものは比較的食べられたので、とにかくストレスにならないように、食べたいと思えるものを口にしました。 いっぺんに食べると気持ちが悪くなるので、時間を決めずに、食べたいと思えた時に、食べるようにしました。

においが辛くなったため

ほとんど食事が作れない状態になってしまい、家族の食事はレトルトやお惣菜中心になりました。 私自身はにおいが気にならないコーンフレークを中心に食べていたので、正直食べることに飽きました。 掃除も屈むと戻してしまうことが何度もあったせいで、立った状態でできるだけの掃除にしたので、埃が取りきれなく咳き込むことも増えてしまいました。 その対策として空気清浄機を買ってもらい、なんとか持ちこたえました。

我が家には子供が3人いますが

特に最初の子供が出来たときのつわりがひどかったです。 そのときのエピソードをお話します。 妊娠がわかったときはとてもうれしかったのですが、その時から当時住んでいたマンションの空気の匂い、ご飯の炊ける匂い、スーパーのお魚売り場での魚の匂い、全ての匂いがだめで肝が悪いから、食べることも出来ず、パンやプリンやゼリーなど口当たりのいいものを食べたり、水分を採ったりしていました。 また一度実家に帰り、つわりが治まるまで、のんびり過ごしていました。

本当に辛かったです

予定日1週間前にやっと落ち着いたと思ったら産後すぐに後悪阻になり3日まで続きました。初期には体重10kg以上ダウンしました。食べれず飲めずだったので吐くに吐けなかったです。思い出すと‥乗り越えたと言うより「耐えるしか無い」が答えです。トイレで何度も何度も「自分だけが何でこんな思いをしなければならないのか」と思いました。でも主人はもちろん両親も私の辛さを本当にわかる訳では無いし変な励ましも腹立つし、労わりが無いのも腹立つし、どうして良いかわからない約10ヶ月でした。大好きなパチンコをして、妊婦ラックで儲かってばかりだったのでそれで気持ち悪さを紛らわしたりしていました。不思議とパチンコ出てる瞬間はきもち悪く無いのです。でも基本は終わるのをひたすら耐えて待つと言う事です。私みたいに産む寸前、そして産んでからも悪阻の人間は稀にいます。夢も希望もありませんが、耐えるのみ!それしかありません。

食べ悪阻がひどかったです

2,3時間でお腹がすき、嗚咽が始まってしまっていました。とにかく食べ続けないといけないので、1日3食だったのを1日5,6食にして、ちょびちょびご飯を食べ続けました。それでも足りないときは、カロリーが低めのゼリーをおやつとして食べたり、1口サイズのおにぎりをごはんとは別に作っておいて、それを食べました。食べ続ける中で、油の多いものなどが入ると、今度はもたれて気持ち悪くなるので、そのときはグレープフルーツなどのさっぱりしたものをデザートとして食べて乗り切りました。

妊娠してから

安定期に入るくらいまでの間ずっと悪阻が辛く、ご飯も食べられず、ベッドから出ることが出来なくなってしまいました。 ほとんど寝たきりの状態で、こんなに辛いなら赤ちゃんいらないとまで思ってしまっていました。 でもある本と出会って、なんとか乗り越えなければと心を強く持つことが出来ました。 その本はお腹の赤ちゃんからのラブレターのような内容で、私が思っていることが伝わっているよという風な言葉に、涙が止まりませんでした。 悪阻はいつかは絶対に終わるのだと言い聞かせて、少しでも気分が晴れるように、産まれてくる赤ちゃんに着せるための帽子や服を鍵編みで作ったりして乗り越えました。

冷たいもの、酸っぱいものが

食べやすかったので、そうめんや梅干、みかん、炭酸水、なぜかフライドポテトが食べられたのでそんなものなどを食べてしのいでいました。ちょっと階段を上ったり、小走りしただけで吐き気が襲ってくるので、できるだけゆっくり行動しました。重いものなどは夫や周りの人に持ってもらいました。吐き気がしたときは夫に背中をさすってもらいました。夜は気持ち悪すぎて寝れない時もあり、携帯電話で赤ちゃんがママを選んで生まれてくる、という内容の文章を読んで自分自身を励ましていました。もしくはひたすら泣いて横たわっていました。

妊娠初期

食べ物の臭いで吐き気を催していました。特に肉を揚げたもの、フライドチキンやから揚げがダメでした。仕事柄そういった食品を扱っていたため、仕事中が地獄でした。 ずっと口で息をして、臭いを感じない様にしてましたけど、それでも完全に臭いを断つことは出来ません。 仕事を辞めることも考えましたが、先の事を考えてもギリギリまで働きたいので、何とか乗り越える方法を考えました。 毒を持って毒を制す・・。肉の臭いに対抗するため、いつも香りの強いグレープ味の飴をなめていました。それで何とか正気を保つことが出来ました。

食べつわりでした

空腹になると、気持ち悪くなるので、空腹を感じるまでに、少しずつ何かを口にしていました。 夜中もベッドの棚に、おにぎりやオレンジジュースを用意していました。 気持ち悪くなるので、考えられないのですが、こってり系の物を好んでいました。(ポテトフライなど) 買い物中に空腹を感じ、気持ち悪く顔色が青くなり、うどん屋さんに入ったこともありました。 体重管理が大変ですが、食べてて楽でいれるなら・・・と食べて、食べて辛いつわりの時期を乗り切りました。

初めての妊娠で

つわりの程度も分からず、最初は頑張って仕事を続けていましたが、あまりの吐き気にやむ無く退職しました。私の場合、吐きづわり、食べづわりとやたら眠くて困りました。空腹も辛いけど吐いてしまうの繰り返しで、いろいろ試してたどり着いたのはみかんゼリーでした。適量食べては休みの繰り返し。1個のゼリーを食べきるのに30分くらいかけてチビチビ食べました。それから、仕事を辞めてからはやることもそんなになかったので、ひたすら寝て、時間が過ぎるのを耐えました。

炭酸飲料

つわりで苦しいときは、炭酸飲料を飲むようにしました。食事は何ものどを通りませんでしたが、なぜか炭酸飲料は大丈夫でした。コーラなどの炭酸もよく飲みましたが、どちらかというと、レモンなどの香りのついた炭酸水がよかったです。口やのどがスッキリするし、炭酸を飲むことで、吐きまくって空っぽの胃袋もふくらむような感じで、空腹感からくる気持ち悪さも解消できました。またゲップがでれば、これもスッキリして楽になりました。


ページ

悪阻のエピソード其の1 | 悪阻のエピソード其の2 | 悪阻のエピソード其の3

ページトップへ

TestSite.com MENU

Copyright (C) 辛かったわ~、、悪阻 All Rights Reserved.